これを読んでるあなたも仮性包茎の悩みがあるのでは

20代新人看護師

いらない包皮を切り取った後にできる包皮の縫合した線を境界線として、これまで露出していた範囲と新しい包皮のカラーに差があります。この現象が一般的にツートンカラーなんて呼ばれている所以なのです。わかりやすい物差しのようなものはないのですが、世間では早漏はオチンチンをパートナーの膣の中に入れてから2分くらいまでで、持ちこたえられなくなってしたくないのに射精する状態を指します。

 

フォアダイスと一緒で、性病ではない真珠様陰茎小丘疹のブツブツなどの症状は、恐ろしい尖圭コンジローマに感染した当初の状態とそっくりなので、パートナーからも「これは性病でしょ?」と誤解を受けてしまうケースも多いのです。現実にはちょっとした仮性包茎の状態でしたら、うまく包皮をむいて洗えば、清潔な状態になるのです。垢が全て除去できたら悪臭を防げますし、包茎であって早漏にはなっていない人も多いのです。

 

人間の体内に最初から含まれているヒアルロン酸を亀頭部分に注入する方法が、利用者増加中の『亀頭増大術』。外科手術じゃなくて注射なので、周りの人にもばれずにパワーアップ可能なのもメリットです。包皮小帯に関しては、切除せずに残しても切除することになっても、性交渉を行う際の快感にはほとんど作用しないことが確認されています。ただ、包皮小帯が残っている方が、外見上違和感を感じないため切らずにおいておきます。

 

手術を受けた後は、何でもないときでもわずかなたるみがあります。それらの余った皮やたるみのために、ツートンカラーの境界はちょうど隠されることになるため、他の人が見て察知される心配は無用です。保険の補助を利用できないから自腹での診療になっちゃいますが、見た目を何とかしたい方は、レーザー、あるいは電気メスによって発生したフォアダイスを取り除くことはできます。これを読んでるあなたも仮性包茎の悩みがあるのでは?

 

そのわけは、日本の成人男性のうち6割程度が、仮性包茎だとみられています。簡単に言えば、3人の男性のうち2人は仮性包茎に悩んでいることになるのです。手術の後でツートンカラーになるか否かは、手術した人の亀頭の色によって異なるので、手術のテクニックによるというものではありません。ただし、ツートンカラー状態をわかりづらくするというテクニックは存在します。

 

コンジローマという病気は、1年ほどで知らない間に治癒する場合もあるのですが、再度いぼができることが少なくない感染症です。原因のウィルスを全滅させる薬は開発されていませんが、気になるいぼを無くしてしまうのは問題ありません。ペニスの根元や陰嚢またはお尻の穴周辺等の、尖圭コンジローマが原因の感染症状が、コンドームを使っても隠し切れないところに発生しているケースでは、毎回パートナーにウイルスを感染させる怖れがあるのです。

 

性病じゃないのは知っていても、フォアダイスの症状はそのブツブツが不快だという悩みを抱えている方がたくさんいて、仮に悩んでいるのであれば、取り除くための治療をやってみましょう。包茎治療の説明の際に、常に出てくるのがツートンカラーという用語です。環状切開法という名前の手術が実施された場合に、恥ずかしいツートンカラーになることがあるのです。